ホルモンと脱毛の関係

MENU

ホルモンと脱毛の関係

ミュゼいわき店

ホルモンが劇的に変化する妊娠時期や授乳時期には脱毛は出来ません。生理周期が定まっていない未成年の人達にも、余りお勧め出来ません。何故なら、ホルモンのバランスが変化することで、ムダ毛の状態がかわってくるからです。

 

女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れる事によって、毛が太くなったり濃くなったりするんです。有名なのは、女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロン、男性ホルモンは、テストステロンです。男性ホルモンの特徴として、頭髪が薄くなったり、身体は多毛になったりします。元々、女性は男性の約10分の1の男性ホルモンを持っていると言われています。このバランスが崩れる事で毛の状態も変わってくるのです。

 

毛穴の数自体は生まれた時から決まっています。なので、新しい毛穴が出来て毛が生えて来る事はありません。

 

脱毛をして、かなり毛が細くなって、目立たなくなったような毛が妊娠などの急激なホルモンバランスの関係で太くなって生えてくるような事があるみたいです。この表れ方には、個人差があります。遺伝的な関係でホルモンの感受性には個人差があるからです。ホルモンバランスが整っていない時に、脱毛する未成年の方は、1度脱毛出来て肌がツルツルになったと思っても、又、毛が生えてきたなんて事もあります。脱毛する時に、ミュゼいわきのスタッフに聞いてみてくださいね。